電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種 独立開業の道

電気業界で必要とされる資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士の5種類ありますが、電験3種こと第三種主任技術者は合格率10%未満と特に難易度の高い国家資格になります。工業高校の電気科を優秀な成績で卒業した方のレベルでないと取得は難しいとされ、実際に電機業界で実務経験を長年積んでいる方でも、第三種電気主任技術者試験の為の専用の受験対策を施さなければ合格はほぼ不可能とされます。

 

とは言っても実際の電機業界の現場では知識より実務経験が優遇されるのも事実で、第三種電気主任技術者の有資格者は資格手当が与えられたり昇進、就職、転職時に優遇される傾向があるものの、ほとんどの関係者が資格を取得していません。
国家資格でありながら「無くても現場で働ける」電験3種は必ずしも実用的とは言えない資格なのに、毎年大勢の方が合格率10%の狭い枠を狙って受験するのでしょうか。

 

その理由の1つに将来的に独立開業の道が開ける、と言うことが指摘されます。電気関連の職場にサラリーマンとして務める限り、電験3種資格を持っていても段違いの収入を得られるわけではありませんし、いきなり出世するわけでもありません。

 

ただし電験3種資格があれば独立開業して定年年齢も気にせずフリーで働くことも可能になります。もちろんどなたでも手軽に独立できるわけではありませんし、独立後も安定収入を得る為には営業力やマーケティング能力も必要とされますが、将来電機業界で自分の会社を持ちたい、と予定している方には欠かせない資格です。

 

電験3種勉強法No.1はこちらをクリック