電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の試験当日 電験3種以外の電気資格

電気業界では第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類が代表的な資格とされますし、ボイラー技士や冷凍機械などの資格を検討している方も多い筈です。
数ある電気関連の資格の中で電験3種も含め、電気主任技術者試験は特に難易度が高い試験だとされますが、この難しい国家資格試験を受験する方は将来独立を考えていたり、現在いずれかの職場で働いている社会人だとしても、勤務先での出世を希望する向上心の強い方である傾向があります。
現在電験3種の受験を予定している方でも、将来的に第一種電気主任技術者の資格を目指したり、他の複数資格の取得も予定しているケースは珍しくありません。資格さえ取れば必ず出世できる、役職に就けると言うわけではありませんが、現場で重宝される資格を取得することで確実に評価されることは間違いありません。
もし電験3種以外にも複数資格の取得を予定しているなら、まずは第二種電気工事士の資格試験からトライするのがお勧めです。そして第二種から第一種電気工事士資格にいきなり受験するのではなく、間に2級ボイラー技士や冷凍機械の資格試験を挟むことで、最終的に電気主任技術者試験にも合格しやすくなると言われています
重複している問題もありますし、試験本番の注意事項なども共通していることが多いので、試験に慣れる意味も含め電験3種以外の資格試験も是非チェックしてみて下さい。