電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の試験当日 試験会場の注意点

受験対策は抜かりないのに試験本番に弱い…と言う方は大勢いらっしゃいます。試験自体に緊張してしまう方もいれば試験当日の持ち物を忘れてしまったり、本番の準備に問題がある方も少なくありません。緊張タイプの失敗ケースだととにかく試験に慣れるしかないので模擬テストをたくさん受けて慣れるしかありませんが、試験本番のリサーチ不足によるミスは何がなんでも避けたいものです。
例えば電験3種の資格試験では電卓の持ち込みが許されていますが、メモリ機能搭載タイプは使用不可など携帯できる電卓の種類は制限されています。こういった細かい持ち込みルールに関してもしっかり確認しておかないと合格が遠のいていきますから要注意です。
また、計算が欠かせない電験3種試験ですが、試験当日の会場で計算用紙は配布されません。受験生が計算用の用紙を持ち込むのも禁じられていますし、こういった情報も知らなければ試験当日に狭く限られたスペースで計算することに戸惑い、ケアレスミスを連発したりいつも以上に時間がかかってパニックになる可能性大です。
そして試験会場最大の注意点としては、やはり会場の机の狭さを覚悟しなければならない点でしょうか。電験3種の試験会場は札幌市から那覇市まで37都市が受験地となり、東京では豊島区、新宿区、千代田区、目黒区、世田谷区、武蔵野市が試験会場となります。
いずれにしても電験3種も含め電気関係の資格試験は机が狭くなる可能性が強く、最悪の場合答案用紙を置いただけでスペースが埋められてしまうケースもあるそうです。3人用の長い机を2人で使用するタイプの会場の場合、電卓や筆記用具を置いても余裕がある筈ですが、一人一台の小型の机の場合は相当苦労する筈です。