電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の試験当日 問題を解く順番

電気業界で重宝される代表的な資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、電験3種も含め電気主任技術者試験はとにかく出題範囲が広く、特に難易度が高い資格とされます。
理論、電力、法規、機械と4課目に渡り問題が出題される上、例えば理論だけでも基礎的な電流、電圧、抵抗の計算はもちろん、電磁気やコンデンサー・リアクトルなど細かい枝に分かれ様々な角度から問題が出されます。
ここまで出題範囲が広いと当然得意、不得意な分野が出てくるものですし、どんなに綿密に受験対策に励んでも苦手分野を完璧に克服するのは難しいものです。そこで少しでも合格率を上げる為の受験テクニックが必要とされるわけですが、問題を解く順番も重要です。
一般的に試験では第一問から解いていくものですが、難易度は順番に上がっていくわけではありません。つまり第一問目からいきなり難しい問題にぶつかる可能性も十分にあるわけです。出題範囲が広く問題数の多い資格試験の場合、受験当日は一問でも多く確実に正解する為、中々解けない問題は潔く諦め確実に点数に結びつく問題を取りこぼさないことも大切です。
要するに基本的には一問目から順番に解いていきますが、解けそうにない問題は後回しにし、解ける自信のあるものは一通り片付けてしまう解き方を普段から練習しておく必要があります。