電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の試験当日 計算スペース

電験3種は難易度が高い国家試験ですから、初めてトライしていきなり合格する方の方が少ないのではないでしょうか。働きながら試験を受ける社会人受験生が多いこともあり、2~3回の受験で無事に合格するケースが珍しくありません。
出題範囲の多さも「電験3種は難しい」と言われる理由の1つですが、初めて試験を受けると予想外の困難にぶつかり戸惑うことも。例えば計算力が合否を左右するとも言われる電験3種試験では、実は特別な計算用紙がありません。リサーチ不足で試験に望み、計算用紙がないことで普段のようにスムーズに計算することができずペースをすっかり乱されてしまうケースもよくあります。
通常ご自宅や予備校の試験対策では白紙を使い自由に計算式を書いて問題を解いている筈ですから、狭いスペースに戸惑うのは当然です。最初から狭いスペースで計算する練習は必要ありませんが、基礎的な項目を把握し試験日が近づいてきたら、受験対策の一環として狭いスペースで計算する練習もしておきましょう。細かい文字でも綺麗に書く練習をしないと数字の読み取りミスなどもったいないケアレスミスをする恐れがありますし、視力の弱い方はメガネやコンタクトで試験当日までに微調整しなければなりません。
しかも、試験会場次第では電卓を置くスペースにも困る程狭い机で試験に挑まなければならない可能性もありますから、受験日が迫ってきたら本番と同じような環境で問題を解く練習が必要になります。