電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の試験当日 当日の持ち物

電験3種資格試験当日の持ち物についてお話しましょう。まず筆記用具に関しては鉛筆派かシャーペン派に分かれると思います。電験3種試験はマークシート式を採用していますから、もし鉛筆ならマークシートを塗り潰しやすいように軽く先を潰しておいた鉛筆、そして削りカスが収納できるタイプの鉛筆削りも必要です。シャーペン派の方なら試験用として推奨されるのは先を塗り潰しておいた2mmタイプのシャーペン、そして計算用の普通のシャーペンの2種類用意しておくと安心です。
更に手早く消せるタイプの消しゴムと定規、電卓も試験の必須アイテムとなりますが、慎重な方だと万が一の事態を想定して電卓の予備も携帯するそうです。この電卓自体の選び方も重要で、メモリ機能が搭載されていないタイプなど持ち込みが許されている電卓の種類を改めて確認しましょう。そして当日の試験会場によっては机が狭い可能性があります。通常大きめサイズの電卓を使用している方は電卓で貴重なスペースを取られる恐れがありますので、普段から本番で使用する小型電卓に慣れておくのも合格率アップの為のちょっとした作戦ではないでしょうか。
その他受験票や会場までの地図も試験当日の必須アイテムですし、携帯電話の乗り換え案内機能なども利用してスムーズに移動できるよう工夫しましょう。時間を計る為に腕時計も必要ですし、眠気覚まし、水分補給用のコーヒーや目薬、冷えピタ、パンなどの軽食も用意していくと休憩中に重宝すると言われています。