電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の試験当日記事一覧

電験3種の試験当日 当日の持ち物

電験3種資格試験当日の持ち物についてお話しましょう。まず筆記用具に関しては鉛筆派かシャーペン派に分かれると思います。電験3種試験はマークシート式を採用していますから、もし鉛筆ならマークシートを塗り潰しやすいように軽く先を潰しておいた鉛筆、そして削りカスが収納できるタイプの鉛筆削りも必要です。シャーペ...

≫続きを読む

電験3種の試験当日 計算スペース

電験3種は難易度が高い国家試験ですから、初めてトライしていきなり合格する方の方が少ないのではないでしょうか。働きながら試験を受ける社会人受験生が多いこともあり、2~3回の受験で無事に合格するケースが珍しくありません。出題範囲の多さも「電験3種は難しい」と言われる理由の1つですが、初めて試験を受けると...

≫続きを読む

電験3種の試験当日 問題を解く順番

電気業界で重宝される代表的な資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、電験3種も含め電気主任技術者試験はとにかく出題範囲が広く、特に難易度が高い資格とされます。理...

≫続きを読む

電験3種の試験当日 試験会場の注意点

受験対策は抜かりないのに試験本番に弱い…と言う方は大勢いらっしゃいます。試験自体に緊張してしまう方もいれば試験当日の持ち物を忘れてしまったり、本番の準備に問題がある方も少なくありません。緊張タイプの失敗ケースだととにかく試験に慣れるしかないので模擬テストをたくさん受けて慣れるしかありませんが、試験本...

≫続きを読む

電験3種の試験当日 電験3種以外の電気資格

電気業界では第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類が代表的な資格とされますし、ボイラー技士や冷凍機械などの資格を検討している方も多い筈です。数ある電気関連の資格の中で電験3種も含...

≫続きを読む