電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の合格ポイント 試験を受けない裏ワザ

出題範囲の広い電験3種は電気関連の資格の中でも特に難易度が高いことで有名ですが、実は試験を受けない裏ワザがあるのはご存知でしたでしょうか。裏ワザと言ってももちろん不正行為ではありません。第三種電気主任技術者は試験を受験して資格を得る方法の他、認定でも資格取得が可能です。
ただし認定による電験3種資格取得方法は誰でも利用できるわけではありません。認定校と言われる経済産業大臣認定の教育施設で所定科目を修了し、無事に卒業してから実務経験を積んだ方のみに許される特別な資格取得方法です。条件を満たしている人間が認定で電験3種資格取得の申請を行う場合、「主任技術者免除交付申請書」、「卒業証明書」、「単位取得証明書又はこれに代わるもの」、「実務経歴証明書」、「戸籍抄本又は住民票」、「免除送付用宛先用紙」の6点に6600円の収入印紙を添え、最寄りの産業保安監督部電力安全課に提出することになります。
ただし、電験3種の免状交付の必要書類は全てスムーズに揃えられるとは限りません。特に実務経歴証明書は勤務先の協力なしには作成不可能で、事細かに実務経歴をまとめて勤務先にも証明して貰わなければなりません。資格取得を職場が積極的に支援してくれている場合ならともかく、勤務先が非協力的だと手続きを滞り無く済ませるのが難しくなる可能性大です。
しかも、同じ電験3種でもやはり高く評価されるのは認定による資格取得方法より一般的な受験による資格所有者ですから、正攻法で試験を受ける道が推奨されています。

 

電験3種の合格ポイント 試験を受けない裏ワザ