電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の合格ポイント 合否を左右する電卓選び

電験3種の資格試験はおよそ半分程度も計算問題で占められると言われています。特に理論は80%の確率で計算問題が出題されますし、計算力や数学の知識なくして合格は果たせません。
とは言っても実際の電験3種の合格者の中には「実は計算が苦手で…」、「苦手科目は数学」なんて方も。なぜなら、電験3種の資格試験会場では電卓の携帯が許可されているからです。ですから、電験3種試験で計算間違いによるケアレスミスは非常に少ないそうで、計算が苦手でも公式さえ把握していれば後は数字を当てはめていくだけ、と言うことになります。
その為電験3種試験対策では電卓選びも重要な要素と言われますが、お金をかけて立派な電卓を買う必要はありません。電験3種試験では電卓の持ち込みが許可されていますが、持ち込みできる電卓には制限があります。
具体的にはメモリー機能付きのもの、関節機能が備わっているものは許可されません。確かにメモリー機能を搭載の電卓なら、公式をインプットすることで不正行為による加点が成立してしまいますよね。
普段から使い慣れたものを試験当日に使用するのが理想的ですから、受験用に買い求める電卓は持ち込みできる範囲のものを選ぶのがポイントです。また、実際の試験会場では会場次第で机が非常に狭い可能性があります。確かに最近流行りのビッグサイズ電卓は数字を見やすいのは確かですが、狭いスペースで電卓を使用する場合も想定し、あまりにも大き過ぎる電卓も考えものです。