電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の合格ポイント 学ぶ順番

電験3種は「理論」、「電力」、「法規」、「機械」と4科目に渡って出題されますから、広い出題範囲を制覇する為にも学ぶ順番も重要な要素だとされます。もちろん電験3種の学ぶ順番に関して「苦手なものから先に取り掛かり後回しにしない」と言う説もあれば、「得意分野から初めて自信、勢いをつける」なんて説もあり個人個人の考え方にもよります。一般的に言われているのは最初に理論から取り掛かり、法規、電力、機械の順で学んでいくと言うものです。確かに理論は法規、電力、機械の土台となる基礎的な部分ですから、理論を理解していなければ他の分野の理解も難しくなる筈です。躓いた時は理論に戻れ、ともよく言われますよね。
ただし、効率良く学習を進める為には違ったやり方もあるようです。オーソドックスな順番以外の攻め方の1つが、理論と法規の学習を同時に進め、電力と機械も同時進行で学んでいくというもの。
その理由として計算問題主体の理論と暗記がメインとなる法規は同時に勉強しやすいことが指摘されています。そして電力と機械も同程度の難易度ですし、重複する内容も多いので同時に学ぶことが可能だそうです。
もちろん、受験生の中には短い時間で合格を勝ち取る為、一番難しいとされる機械系らに着手した方もいます。
いずれにしても、こういった順番は行き詰まった場合気持ちを入れ替える為にもいつまでも固執しないことも大切です。なぜなら、4分野はばらばらなようで同じ分野のものですし、機械でつまった時も理論の学習を進めるうちに機械のウィークポイントが解消されるなど、同時進行で学習を進めるうちに相互理解できるようになる筈だからです。