電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の合格ポイント 挫折しないコツ

電験3種を受験する場合、広い出題範囲をある程度網羅する根性も必要ですし、学習に費やす時間も最低2000時間と長期間に及ぶので、ペース配分を保つのも重要な対策です。100点ではなく合格基準の60点を目指す、など挫折しない心構えやコツにも色々ありますが、ご参考までに学習を進めて躓いた時の対処法をご紹介しましょう。
まず、電験3種の勉強中、眼に見えない電気や電流の話だけにどうしても知識やシステムがどうしても頭に入らなくなることがある筈です。例えば理系的センスのある方なら、「直流だと電荷はプラスからマイナスに流れる」と言われてもスムーズに理解することができる筈です。けれどピンとこない方は文章で説明されてもいつまでも具体的なイメージが沸かずに頭が混乱するばかりです。
そんな時役に立つのが実用書や図解、写真付きで説明している書籍です。文章だけのテキストでは理解できない時、図や写真、絵に頼りましょう。発電所や受電設備、送電設備などで分からないところが出てきたら、ホームページや社会科見学用の資料など子供向けに解説している教材もお勧めです。
また、電験3種の試験ではある程度丸暗記しなければならない公式も出てきますが、決まりきった公式に関しては「どうしてそのような現象が起こるのか」など原因や因果関係を深く追求しないのも挫折しないコツの1つです。
電気関係のルールの中にはなぜそうなるのか理論が確立されていないものも多く、基本的な公式に関しては割りきって丸暗記することも重要です。