電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の合格ポイント 心構え

電気関係の有名な資格と言えば第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者の他、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、電験3種こと第三電気主任技術者資格は特に人気のある国家資格です。ただし毎年合格率は10%未満と難易度の高さでも知られている電験3種は電気業界のステイタスシンボルとも言われています。
これから電験3種を目指す現役学生はもちろん、工場などの電気業界に携わり、既に現場で働いている社会人受験生の方にとって、受験に対する心構えは非常に重要です。ご参考までに合否を左右する心構えについてお話しましょう。
まず覚えておいて欲しいのは、合格するのに100%正解する必要はない、と言うことです。電験3種の難易度を高くしている要素の1つは出題範囲の広さです。「理論」、「電力」、「法規」、「機械」と4科目に渡り広い範囲で問題が出題されます。
ですから暗記力も必要ですし的を絞ったアプローチも必要とされます。途中で挫折してしまう方の大半が出題範囲の広さに気持ちがめげてしまったことを敗因として挙げていますが、合格基準点に着目するとだいぶ気持ちも楽になります。
これまで実施された電験3種の試験を振り返ってみると、ここ10年程度合格基準は60点以下となっています。つまり、もし苦手分野があっても失点を40点以内におさめれば合格圏内に入ることは可能なのです。受験前の気の緩みは禁物ですが、挫折しそうになったらこの数字を思い出すとリラックスできる可能性大です。