電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の合格ポイント記事一覧

電験3種の合格ポイント 心構え

電気関係の有名な資格と言えば第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者の他、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、電験3種こと第三電気主任技術者資格は特に人気のある国家資格です。ただし毎年合格率は10%未満と...

≫続きを読む

電験3種の合格ポイント 挫折しないコツ

電験3種を受験する場合、広い出題範囲をある程度網羅する根性も必要ですし、学習に費やす時間も最低2000時間と長期間に及ぶので、ペース配分を保つのも重要な対策です。100点ではなく合格基準の60点を目指す、など挫折しない心構えやコツにも色々ありますが、ご参考までに学習を進めて躓いた時の対処法をご紹介し...

≫続きを読む

電験3種の合格ポイント 学ぶ順番

電験3種は「理論」、「電力」、「法規」、「機械」と4科目に渡って出題されますから、広い出題範囲を制覇する為にも学ぶ順番も重要な要素だとされます。もちろん電験3種の学ぶ順番に関して「苦手なものから先に取り掛かり後回しにしない」と言う説もあれば、「得意分野から初めて自信、勢いをつける」なんて説もあり個人...

≫続きを読む

電験3種の合格ポイント 合否を左右する電卓選び

電験3種の資格試験はおよそ半分程度も計算問題で占められると言われています。特に理論は80%の確率で計算問題が出題されますし、計算力や数学の知識なくして合格は果たせません。とは言っても実際の電験3種の合格者の中には「実は計算が苦手で…」、「苦手科目は数学」なんて方も。なぜなら、電験3種の資格試験会場で...

≫続きを読む

電験3種の合格ポイント 試験を受けない裏ワザ

出題範囲の広い電験3種は電気関連の資格の中でも特に難易度が高いことで有名ですが、実は試験を受けない裏ワザがあるのはご存知でしたでしょうか。裏ワザと言ってももちろん不正行為ではありません。第三種電気主任技術者は試験を受験して資格を得る方法の他、認定でも資格取得が可能です。ただし認定による電験3種資格取...

≫続きを読む