電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の受験対策 テキスト選びのポイント

電験3種の受験対策として通信講座や予備校、専門学校に通う方は専用の教材が用意されていますので、最初はご自身で新たにテキストを購入する必要はないと思います。問題は学習スケジュールの組み立てから勉強のペース配分、そしてテキスト選びまで自分自身で行わなければならない独学派の方です。基礎段階をクリアすれば講習会で集中講座を受けることも可能ですが、まずは基本的な知識を整えなくてはなりません。
第三種電気主任技術者資格試験が難しいとされるのは、とにかく出題範囲が多いからです。トータルで必要な勉強時間は最低でも2000時間は必要ですし、特に働きながら合格を目指す社会人受験生の場合2年以上の長期スパンで挑むのが普通です。
挫折を防ぐ為にも最初に選ぶテキストは基本に忠実な内容のものを選ぶべきですし、理論、電力、法規、機械の4分野をシリーズで揃えるのもお勧めです。人によっては実践的な問題を数多くこなすことで実力を磨く方もいらっしゃるようですが、電験3種の場合各科目ごとに基礎を徹底しないと土台を築くことができません。
基礎固め前に手を出してはいけない、とされるのが予想問題集です。予想問題集は現在の実力を確かめる為に役立つ教材ですが、一通り基礎を終えてからブラッシュアップの為に解くのが正しい順番です。
なぜなら予想問題集は電験2種レベルの高度な問題も度々出題される程レベルが高いので、学習初心者に必要な基本的事項の確認作業には不向きです。