電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の受験対策 法規編

第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士…と電気業界で必要とされる主な資格は7種類もありますが、電験こと電気主任技術者資格試験は国家資格と言うこともあり特に難易度が高くなります。
出題科目も「理論」、「電力」、「法規」、「機械」と4科目になりますから出題範囲の広さも受験生泣かせの条件と言えますが、理系と文系の両分野に跨る内容で手こずっている方も少なくない筈です。電験3種は既に工場などの電気業界で働きながら資格取得を目指す社会人受験生も少なくありませんが、電気関連の会社に勤めるぐらいですから理論や電力、機械に関しては抵抗感がなくても、電気の法律である法規が苦手…なんて方は珍しくありません。
ただ、普通の法律とは異なり、電験3種の法規では電気関係の法律以外にも節電対策や効率的に電気設備を運用する方法など、他の理論、電力、機械分野とも密接に関わる内容も勉強することになります。
ちなみに、文章問題の割合が一番多いのは法規分野で、法令分が丸ごと出題される年も度々あります。つまり法規では暗記対策がかなり有効になりますし暗記が得意な方は全体像を把握していなくても合格しやすいと言われますが、他分野の理解を深める為にも丸暗記だけで受験対策を済ませるのは危険で、深いレベルまでしっかり理解するよう努力したいものです。