電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の受験対策 機械編

第三種電気主任技術者資格試験で出題される「理論」、「電力」、「法規」、「機械」の4科目の中でも電気機器の原理や働き、システムを学ぶ機械分野を苦手とする受験生は後を絶ちません。なぜなら、機械科目は4科目の中でも特に出題範囲が広いからです。理論は電気と電子理論や電気計測、また電子計測から出題されます。電力の出題範囲は発電所又は変電所の設計又は運転、送電線路又は配電線路の設計又は、運用並びに電気材料です。法規は電気法規及び電気施設管理とシンプルです。しかし機械の場合「パワーエレクトロニクス、メカトロニクス及び電力システム、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、電気機器に関する情報伝達及び処理」と学習しなければならない範囲が飛び抜けて多いことがお分かり頂けると思います。分野も多岐に渡る上、例えば「照明」分野なら光、「電気化学」なら化学や電池についての知識が必要になり、細かく枝分かれしていきます。
確かに広範囲分野を学ぶのは大変ですが、苦手意識をなくして一つ一つの分野を冷静にチェックしてみるとテレビや冷蔵庫などの家電製品の学習やビル、公共施設などで使用されている電気機器など、身近な経験と直接的に関係する知識がたくさんあることに気付く筈です。
機械分野に対しては初めて得る知識、と身構えるのではなく、「既に経験していることを理論、理屈で学ぼう!」と心構えを変えるだけで随分取り組みやすくなるのではないでしょうか。