電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の受験対策 電力編

「理論」、「電力」、「法規」、「機械」の4科目から出題される電験3種こと第三種電気主任技術者資格試験では、電力も重要な科目の1つです。特に工場などの電気業界で働きながら合格を目指す社会人受験生の場合、お仕事と直接的に関わる科目とも言えます。
電力科目では、電気の物流システムについて学びます。一般家庭はもちろん、工場など高圧電力を取り扱う現場でも、使用する電気は電力会社から購入することになります。試験でも発電所で製造される電気が送電線と呼ばれる輸送手段を通じ、中継点の変電所を経てから各家庭や工場に運ばれるまでの道順やシステム、電力に関わる機器や道具などについてしっかり出題されます。節電対策などに関しても学習することになりますが、単なる受験勉強の一環ではなく、将来のお仕事とダイレクトに関係する分野ですから気を引き締めて挑みたいものです。
電力科目がどうしても苦手なようなら、まずは全体像を掴む努力をしましょう。細部まで学習しているのに電力科目に自信がない場合、全体像が掴めていない可能性大です。実は試験でも構造や原理に関する問題が出題されることはほとんどありませんから、個々の機器の知識を蓄えるより電力系統全体の役割を改めて認識すべきです。
また、発電所の電力システムと言うと難しい印象を持たれるかも知れませんが、発電所も一般家庭で使われている電力も規模の違いだけで基本システムは共通しています。細かい知識を積み立てる前に大枠で電力ルールを捉えることが先決です。