電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の受験対策 理論編

電験3種こと第三種電気主任技術者資格試験は「理論」、「電力」、「法規」、「機械」の4科目から出題されます。まず電気理論に関して合格率を高める為のお話をしたいと思います。実際に工場など電気業界で働いている方も、電気理論と聞くと大半の方が抵抗感を覚えるようです。確かに小難しいイメージのある電気理論ですが、分かりやすく言えば「電気のルール」でしかありません。
最初に理論を学ぶ時は「どうしてそうなるの?」と原因を追求するのは禁物です。まずは「この条件でこう反応する」など現象のルールを把握しなければなりません。もちろんある程度公式のような法則、定理を覚えた後は「なぜそのような現象が起こるのか」原因を考えることも大切ですが、実は電気のルールは全て解明されているわけではありませんから、明確な因果関係が不明なまま電気理論としてルール化されているものも少なくありません。ある程度割りきって覚える心構えも必要です。理論は電力、法規、機械の学習でも必要とされますし、全科目の土台とも言える重要科目です。
また、電験3種の理論を理解する上で欠かせないのが数学の知識です。一見難しい電気理論も数学的知識を通すと非常に分かりやすくなります。なぜなら電気理論が数学的思考をベースに成り立っているからです。
もし理論でどうしても躓くようなら、三角関数やベクトル、複素数などの基本的な数学知識をおさらいすることで、ぐっと理解しやすくなる筈です。