電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の受験対策 学習計画

完全独学で受験する場合はもちろん、通信講座や専門学校、予備校で受験対策に励む方にとっても学習計画は重要です。働きながら受験する方だと数年かけて資格を取得するケースも珍しくありませんが、いずれにしても受験を予定している場合年間を通してスケジュールは把握しておきましょう。
まず電験3種こと第三電気主任技術者資格試験は5月下旬から6月中旬頃が願書申込受付期間で、第三種の一次試験は9月上旬頃に開催されます。電験試験は併願受験が可能ですから、もし第二種も受ける場合一次試験は9月上旬頃、二次試験は11月下旬頃になりますので覚えておいて下さい。
学力を合格レベルにまで引き上げるのに要する時間は個人差がありますが、出題範囲の広さでも有名な電験3種資格試験の場合、平均でも2000時間前後は必要とされます。一日を勉強の為にフルに使える現役学生ならともかく、働きながら受験対策に励む社会人の場合、2年以上の受験期間を費やすことも珍しくありません。電気関係の主な資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者の他、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、やはり電験試験は国家資格と言うこともあり難易度の高さでも有名です。
理論、電力、機械、法規と4科目もあるので一年で全科目合格するのは大変ですし、年に一度しか受験チャンスは与えられませんが、実は合格科目の有効期間は2年間あります。要するに3年以内に計画的に4科目を受験し、無事に合格すれば良いので長期スパンで計画を立てると合格しやすいのではないでしょうか。