電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種試験 概要

電験3種こと「第三種電気主任技術者」の合格を目指すなら、まずは詳しい試験概要を把握する必要があります。特に受験日程は勉強スケジュールを立てるのに欠かせませんから、できるだけ早い段階でチェックするようにしましょう。

 

第三種電気主任技術者の資格試験は一般財団法人電気技術試験センターの主催により、5月下旬から6月中旬頃に願書を受け付け、一年に一度だけ開催されます。年齢や性別、国籍や学歴など受験の際に特別に制限されることはなく、どなたでも試験を受けることが可能です。第一種、第二種、第三種の順に難易度が高い電気主任技術者資格試験ですが、試験は第二種と併願することができますので自信がある方は一気にステップアップすることが可能です。

 

試験科目は「理論」、「電力」、「機械」、「法規」の4科目になり、出題範囲は「理論」が電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測、「電力」が発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び屋内配線を含む配電線路の設計及び運用並びに電気材料となります。一方「機械」では保安関連の電気法規及び電気施設管理から出題されます。

 

受験地も第一種、第二種共に札幌市から那覇市まで全国各地で開催され、東京都の開催地は豊島区や新宿区、千代田区、目黒区、世田谷区、武蔵野市です。
受験料は第一種、第二種の場合郵送申込が12800円でインターネット申込が12400円と同額になりますが、電験3種だけは郵送申込が5200円、インターネット申込が4850円と半額近く安くなります。また、合否は一次試験が10月下旬頃発表される予定です。