電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種試験 電気主任技術者試験

電気主任技術者資格は「第一種電気主任技術者」、「第二種電気主任技術者」、「第三種電気主任技術者」の3種類あり、難易度が最も高いのは第一種電気主任技術者、次に第二種電気主任技術者がきて最後に第三種電気主任技術者が続く順番です。電気業界で必要とされる主な資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者の他、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、やはり第一種電気主任技術者はこの7種類の資格の中でも一番難しいとされます。

 

いずれにしても電験試験は一般財団法人電気技術者試験センター主催で年に1回実施されますが、第三種と第一種は第二種と併願受験が許されています。ご参考までに第一種電気主任技術者と第二種電気主任技術者の資格試験について簡単にお話ししましょう。

 

まず、第一種電気主任技術者と第二種電気主任技術者は電験3種同様、年齢や性別、学歴、国籍などに関して一切の受験制限を設けられていません。5月下旬から6月中旬頃までが願書受付期間で、一次試験は理論、電力、機械、法規の4科目、二次試験は電力・管理、機械・制御の2科目から出題されます。

 

受験地は札幌市から那覇市まで全国各地で開催され、東京だと豊島区や新宿区、千代田区、目黒区、世田谷区、武蔵野市が開催地になります。受験料も第一種、第二種共に郵送申込が12800円、インターネット申込が12400円と同額ですし、合格発表日も一次試験が10月中旬頃、二次試験が2月上旬頃と共通しています。