電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種試験 難易度

工場など電気業界で重宝される代表的な資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、特に電気主任技術者の資格試験は難易度が高いことでも有名です。具体的には難易度が一番高いのは第一種電気主任技術者、次に第二種電気主任技術者がきて最後に第三種電気主任技術者が続く順番になります。
電験3種こと第三種電気主任技術者試験は毎年合格率が10%未満と低く、受験生の9割前後は合格を果たせずにいます。受験生は例年4万人前後に及ぶので、合格者はその中からたった4000人程度と言うことになり、合格人数からも電験3種の難しさが伝わるのではないでしょうか。元々電験3種は工業高校の電気科を優秀な成績で卒業したような知識、技術の土台がしっかりしている方向きの資格で、出題範囲の多さからもただ電気関係の職場で働いているだけでは合格は不可能です。
電験3種は国家資格の中でも特に難易度の高い技術系国家資格ですし、計算問題も多いので電気系の知識がばっちりでも計算が苦手だと合格点に到達するのが厳しくなります。鉄の意思で完全独学による合格に成功している方もいらっしゃいますが、一般的には専門学校や予備校などに通う通学スタイル、通信講座や講習会など受験対策のプロに指導して貰う学習スタイルの方が合格が近づくとされます。