電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種試験 講習会

どの資格試験でも受験対策方法は完全独学か通信講座、専門学校や予備校に通う通学スタイル…と3種類の方法がメジャーな受験対策になりますよね。ただし電験3種こと第三種電気主任技術者資格試験の場合、講習会と呼ばれる集中講座も利用可能です。
電験3種は難易度の高い国家資格ですから完全独学の道は険しい道のりになることは確実です。けれど電験3種は働きながら資格取得を目指す社会人受験生も多く、授業と往復時間を拘束される専門学校、予備校で学ぶ方法も利用しにくいものです。
ですから実際には通信講座による独学の道を選択する方が大半ですが、通信講座もそれなりに授業時間は多く普段の生活を圧迫する可能性がありますし、費用の高さもネックになります。そこで通信講座と講習会で迷う方も大勢いますが、もし完全独学ならせめて講習会は参加するのが理想的です。
講習会は10日から14日程度の期間で行われる集中講座ですから、全く知識のない方がいきなり参加しても合格に結びつく程の成果は得られない筈です。ただし完全独学で大体の出題範囲は網羅している状態だったり、通信講座で学んでいる間苦手分野が出てきた場合、ブラッシュアップや弱点補強の為に講習会は最適です。
講習会にも色々ありますから費用や日程、期間など都合の良い条件のものを選ぶことができますし、普段独学や通信講座で孤独な戦いを強いられている方には大いに刺激になる筈です。講習会出席前には基本事項を押さえ、苦手分野をはっきりさせておきましょう。