電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種試験 専門学校

電験3種を受験する予定の方は向上心が強い方が多く、ただ単に電気業界で働くだけではなく、職場での昇進を目指したり将来独立開業を目標にしている方も少なくありません。電気関連の資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類ありますが、最も難易度の高い第一種電気主任技術者資格をゴールに見据えているのなら、早い段階で足がかりとなる電験3種も取得しておきたいところです。
第一種電気主任技術者はもちろん、電験3種も非常に難しい国家資格試験ですから、できれば専門学校や予備校でしっかりと学ぶのが一番の近道になります。専門学校は予め受験日までに合格水準まで学力を高めるよう、効率の良い学習計画を立てて指導してくれます。真面目に授業を受けていればペース配分はばっちりですし、疑問点も講師にすぐ質問して解決できるので、苦手分野も作りにくくなります。更に同じ目的意識を持った仲間が大勢いるので励みにもなりますし、刺激も大いに受ける筈でモチベーションを高く保ち続けることができ挫折しにくいのもメリットの1つでしょう。法改定の際なども最新情報をすぐに教えて貰える点も専門学校、予備校の魅力です。
ただし、専門学校に通う通学スタイルは高額の費用がかかる点がデメリットですし、授業時間や往復の時間で拘束されるので働きながら資格取得を目指す社会人には利用しにくい学習スタイルです。