電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種試験 独学

電験3種の受験対策としては、独学、通信講座、専門学校、講習会の4つの方法が選択可能です。電験3種の場合働きながら合格を目指す社会人も多く、独学による勉強を希望する方もいらっしゃいます。どういった方法で試験に挑むのかは合否を左右する重要な要素ですから、まずは独学による受験対策のメリット、デメリットを考えてみたいと思います。
独学による学習のメリットは、ご自身のペースで勉強スケジュールを立てられることでしょう。空いている時間全部を受験対策に費やせる現役学生なら専門学校や通信講座に通うのが一番近道になる筈ですが、社会人だと講習会に出席するのもままならないことも。働いている現場によっては先の予定が立たずに予約を入れる時点で諦めざるを得ない可能性もあります。
その点独学は不規則な生活を送っている方でも空いている時間を有効に使用して受験対策に励むことができますし、専門学校や講習会に通う往復の時間を捻出する苦労からも解放されます。実際独学で電験3種に合格している方も少なくありません。専門学校や通信学校、講習会のように高額の費用を費やすこともありません。
ただし独学はとにかく挫折しやすいと言うデメリットも抱えています。たった一人の孤独な戦いになりますし、電験3種は出題範囲も広いので短期集中と言うよりはある程度の長期戦も覚悟しなければなりません。
専門学校や講習会では同じ目的を持つ仲間と知り合えますし、情報交換したりモチベーションを高め合うこともでき挫折防止対策はばっちりです。通信講座にしても上手くペース配分できますよね。独学は全て自分でコントロールしなければなりませんから、強い意志力が必要とされます。