電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験と電工の違い

電気業界で必要とされる代表的な資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、よく比較されるのが電工こと電気工事士と電験こと電気主任技術者の違いでしょう。

 

実際電気工事士と電気主任技術者は類似資格として有名でどちらも電気関連のお仕事ですが、資格と本来の業務を改めて比較してみると両者は似て非なるものであり、完全に違う資格です。特に電験3種は難易度の高さから電工資格の上位資格だと思われがちですし、実際の現場でも電工から電験資格を目指す方がいらっしゃるのは事実です。

 

難易度で比較すると最も難しい電気関係分野の資格が第一種電気主任技術者資格で2位は第二種電気主任技術者資格、3位に第三種電気主任技術者資格がランクインし、4位以降は一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士、第一種電気工事士、第二種電気工事士…と続きます。

 

けれど第一種電気工事士の資格が第二種電気工事士の上位資格であることは確かですが、決して電気主任技術者資格が第一、第二種電気工事士の上位資格に該当するわけではありません。電験を目指す電気工事士の方は将来的に仕事の幅を広げたり、転職や独立を目指す為に電験資格を取得してステップアップを目指す傾向がありますが、お仕事の内容は全く別物であることは覚えておいて下さい。