電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種のニーズ

昔から電気業界でステイタスシンボルとされていた第三種電気主任技術者ですが、最近特に注目を集めているのは電験3種のニーズが更に高まっているからです。元々第三種電気主任技術者資格を取得している人間は現場で圧倒的に少ない状況でしたが、ここ最近保安管理業務の自由化やオール電化の普及に伴い、「合格発表現場で民間企業にスカウトされた」なんてエピソードも囁かれるぐらい急激にニーズが高まっています。

 

そもそも第三種電気主任技術者資格は就職、転職に強い専門職の1つで、どの業界でも電気は必要とされますから、それだけ第三種電気主任技術者の活躍の場も広がることになります。第三種電気主任技術者と言うと工事現場や工場で働くイメージが強い筈ですが、電気工事関係やビル・施設管理のお仕事以外にも需要は色々あります。

 

例えば製造業も第三種電気主任技術者が必要とされる場です。コンピュータ制御で自動的に製品を仕上げたり、加工するなど数々の電気機器が集中する製造業の現場では、電力会社から大量に電気を購入しています。一般家庭とは比べ物にならない程高い電圧の電気を取り扱うわけですから、当然第三種電気主任技術者が必要ですし法律でも保安規定を定め現場で働く人間の安全を守るよう義務付けられています。

 

新しい工場はもちろん、既に使用中の電気整備をメンテナンスしたり改良する場合にも、電気主任技術者がいなければ安全を管理することができませんし、純粋な電気業界だけではなく、電気があるところ全てに専門家が必要なのです。