電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種 メリット、デメリット

電気業界で働く人間にとってステイタスシンボルとも言われる電験3種こと第三種電気主任技術者資格ですが、改めてメリット、デメリットを考えてみたいと思います。
まず、第三種電気主任技術者の魅力は厳しい受験資格が特にないことでしょう。国家資格の中には受験資格についてあれこれ定めているものもありますが、電験3種の場合年齢や性別、学歴は問われませんし実務経験がなくても受験可能です。

 

ただし毎年合格率は10%未満、と電気業界関連の資格の中でも特に難易度の高さで知られている第三種電気主任技術者ですが、難しい資格だけに有資格者は高く評価され就職や転職でも優遇されますし、働きながら資格を取得した場合でも資格取得後は出世しやすくなると言われています。

 

実際、現場では第三種電気主任技術者の有資格者が圧倒的に少ない状況が続いていますし、保安管理業務の自由化やオール電化の普及も影響して現在はもちろん、将来的にもニーズが非常に高まっていることは事実です。

 

第三種電気主任技術者の有資格者は職場の選択肢も増えますし、可動範囲も広がります。実際の給与面でも資格手当などがつきますし、現場でも尊敬の眼差しで見られるとか。更に第三種電気主任技術者の資格を所有していると定年後も再就職しやすくなりますし、70歳でも現役で働いている方も珍しくありません。

 

ただしデメリットとしてはやはり試験自体の難しさが挙げられます。国家資格だけに内容も難しければ出題範囲も広く、既に現場で実務経験を積んでいる方でもある程度の期間しっかり専門の受験対策に励まなければ合格は厳しいとされます。