電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の年収

難易度の高さでも知られる第三種電気主任技術者資格ですが、この資格を目指す方にとって気になる問題の1つが収入面でしょう。電験3種を目指す方は非常に向上心の高い方で、将来的なビジョンをしっかり描いている筈です。実際電験3種を取得している有資格者は現場で圧倒的に少ない状況ですし、就職時にはもちろん、昇進にもおおいに影響する筈です。

 

とは言ってもただ資格を修得しただけでは、いきなり高収入を得られる保証はありません。ステイタス性の高い電験3種ですが、実際の現場では資格がなくても年齢が若くて体力も十分にあり、ある程度実務経験を積んでいる若手が重宝されます。ですから将来性のある若手で更に資格も取得したとなると資格手当などもつき、近い将来責任ある地位を任される可能性大ですが、それでも資格が高収入に結びつくまでにはある程度の時間を要します。
資格に対する資格手当の有無や金額も職場次第ですし、本人のキャリアによっても具体的な金額は異なりますので一概には言えませんが、3種以上の電気主任技術者なら月給にして30万円前後が平均的な数字ではないでしょうか。

 

年棒制の会社も少なくありませんが、もし年収で換算するとボーナスなども含め少ない方で380万円前後、高い方だと600万円以上が見込めます。例外的に独立開業し、年に1000万円以上の利益を稼いでいるケースもあります。
資格取得直後に高収入を得られるわけではありませんが、将来管理職に就くことを希望していたり独立したいなら第三種電気主任技術者資格はマストと言えるでしょう。

 

電験3種勉強法No.1はこちらをクリック