電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種の職場

電験3種こと第三種電気主任技術者の資格を所有していると、電気業界でおおいに活躍することが可能です。電気業界で必要とされる代表的な資格は第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、第三種電気主任技術者、第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類になりますが、将来のことを考えて第一種電気工事士から第三種電気主任技術者の資格を目指す方も大勢いらっしゃいます。

 

いずれにしても第三種電気主任技術者の資格に関わりがあるのは、電気工事関連の会社で働いている方です。現場で働いている方の大半は電気工事士の資格を所有していますが、電験3種の資格所有者となると一気に人数が激減します。電気工事士と電験3種は同じ電気業界に必要な資格でありながら、全然違う畑の仕事に従事する別の資格で、どちらの資格が優れていると言うことではありません。ただし電気工事の会社で電験3種を取得していると実際のお仕事内容が変わるわけでもないのに、資格手当を出したり就職や転職で優遇されたり、有資格者と言うだけで歓迎されることは確かです。
ですから現在電気業界に携わる方でキャリアアップを目指す方や転職、昇進を頭に入れている方は第三種電気主任技術者の資格取得を目標にして、働きながらでも受験対策に励むわけです。

 

第三種電気主任技術者の資格は国家資格と言うこともあり、出題範囲も広く難易度の高い試験をクリアしなければなりません。しかも現場では資格より実務経験が重視されることも多々ありますし、職場次第では「苦労して有資格者になった割りには…」なんて待遇しかされないことも。それでも電験3種の資格を取得すれば働く職場の可能性がグンと広がり、昇進しやすくなるのは確かです。

 

電験3種勉強法No.1はこちらをクリック