電験3種

電験3種に最短で合格する勉強法

電験3種にわずか3.5ヶ月で合格する勉強法があります。

電験3種は出題範囲が広いので、独学では苦戦すると思われていますが、
コツさえ掴めば独学でも合格はいとも簡単です

そのコツを「参考までに見てもよい」という人はコチラをクリック!

電験3種と電気主任技術者

電気業界に携わる方、将来電気業界を目指す方にとって憧れの存在とも言える電験3種資格ですが、ご参考までに「そもそも電気主任技術者とはどういったポジションなのか」についてお話したいと思います。

 

電気主任技術者の正式な定義は、「様々な施設の事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をする資格」で、簡単に言えばビルや工場などで高圧電気の管理や保全を担当するお仕事です。

 

一般家庭でも電気は扱いますが、100から200ボルト程度の電圧で6600ボルト以上の電圧が通るビルや工場などとは環境が異なります。つまり、低いボルトなら我々素人でも取扱可能ですが、高いボルトになると専門知識、技術を有する専門家が必要になり、その専門家こそ電気主任技術者と言うことになります。

 

現在電気関連の職場で必要とされる主な資格は、第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、そして電験3種の略称でお馴染みの第三種電気主任技術者で、その他第一種電気工事士、第二種電気工事士、一級電気工事施工管理技士、二級電気工事施工管理技士の7種類です。

 

第三種電気主任技術者の資格を取得すると電圧5万ボルト未満の電気工作物の工事や維持、運用に関する保安の監督を行うことができますが、第二種電気主任技術者は電圧17万ボルト未満、第一種電気主任技術者は無制限…と所有する資格次第で取扱可能な電圧レベルに差が生じます。

 

ちなみに、電気工事士は発電所や送電網、受電設備、など幅広い範囲の電気使用設備に従事できる電気主任技術者とは異なり、工事現場の小規模電力しか取り扱うことができません。

 

電験3種勉強法No.1はこちらをクリック